※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】リンクジョーカーのおはなし!

リンクジョーカー宿星


LJはメサイア、根絶者、星輝兵と3つの名称で戦うクランです。基本は相手盤面を封じるという効果が主軸ですねー

特に今回爆発的に人口が増えそうなメサイアデッキについて。

そんで、現状のメサイアデッキの主軸は
創世竜 アムネスティ・メサイア<バンプ+☆増加>
オルターエゴ・メサイア<呪縛+ドロー>
アローザル・メサイア<連続攻撃追加+バンプ>
重力井戸のレディバトラー<自軍呪縛+バンプ>
ダークメタル・カメレオン<CB回復+抵抗>
白色矮星のレディバトラー<解呪+バンプ>

この陣形を目指して動いてると思います。
この陣形を作られるとほぼ毎ターン
全列バンプによる強化+4パン+CB回復+ドローというヴァンガードで強い行動をやられ続けてしまいますね。
さらにこちらの場に呪縛カードを残されてしまうと攻撃手段が低下してしまうのも辛いですね。
特に1番倒したい<ダークメタル・カメレオン>が後列で抵抗持ちという状態なのが攻略が難しいところだと思います。
この陣形を目指して毎ターン超越してゴリゴリ削って行くのが現状のメサイアデッキだと思います。

自軍を解呪により相手への依存度が少なくなりましたね。
これにより、シャドウパラディン、むらくも、スパイクブラザース、グレートネチャーズのような退却して相手にターンを渡すという動きが苦手ではなくなりましたね。
もちろんLJ側は残ってれば呪縛できるので問題ないっていうのがずるいと思います。

これに伴い環境に<かげろう><なるかみ>が増えてくるんじゃないかなと予想しています。
かわりに<アクアフォース><ロイヤルパラディン>辺りは減少してしまいそうですね。

対策としてはキーカードの1枚徹底的に潰す。これがどのクランでもできる事だと思います。
特に<アローザル・メサイア>が場に居続けるとじり貧必死だと思います。
超越によるカードパワーが上がってるので、超越でガード値削れるまで展開を抑えて、キーカードなどを貯め込んで一気に決めるってのも前からある戦法ですが全然まだ通用しますね。
逆に速効にも弱いってのがLJのイメージですね。

結論としては今までのLJの戦い型と大きく変わるって所は少ないですね。
場を開けておけるなら開けておく。やっぱりこれですね。 攻め手を毎ターン用意できるようにしておくのが1番です。
なのでやっぱりライバルはシャドウパラディンになりそうですね。

人気上昇中!予約はお早めに!【ボックス】カードファイト!!ヴァンガードG クランブースター VG-G-CB01 歌姫の学園 予約販売価格3,033円 (税込)
駿河屋歌姫の学園


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。