※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】シャドウパラディンのこれから!

ブラスターダークdiablo


レジェンドデッキ、覇道竜星により他のトライアル組クランより大幅な強化を受けたシャドウパラディンのお話。

まずは簡単なシャドウパラディンの説明から。
シャドウパラディンはG1以下をデッキからのスペリオルコールするのが得意なクランです。
自分のユニットを退却させ様々な効果を発動でき、 苦手な相手が少なく、展開力も決定力もある隙の少ないクランです。

LB、双闘、超越と全てが一線級の高スペックな集団ですね。今回は私が注目してる軸をいくつかご紹介します!面白そうなのが見つかればうれしいですね。

超越軸

キーカード
ブラスター・ダーク “Diablo”
覇道竜 クラレットソード・ドラゴン

超越ボーナス持ち2体による超越軸ですね。
他のクランではまだできない構築ができるのがうれしいです。 そして強力なGBユニットをフル活用していく構築になりますね。
どちらに乗っても<覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン >で手札を充実させて、<暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”>で相手の盤面をボロボロにするのが必勝パターンですね。
特に<覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン >は<ブラスター・ダーク “Diablo”>のGB2をすぐ達成できて次の超越サポート、<覇道竜 クラレットソード・ドラゴン>なら<ダークハート・トランペッター><黒翼のソードブレイカー>などで一気にアド差を引き離せますね。
大量に獲得したガード値で耐えて、超越ユニットで決める、シンプルで使いやすいデッキになると思います。これで決めれなくても<覇道竜 クラレットソード・ドラゴン>のGB2のスキルまで使えれば耐えれるデッキはないでしょうね。

双闘軸

・キーカード
撃退者 ファントム・ブラスター “Abyss”
軽妙の撃退者 テイルノン
退却させなければガードできない、を2回行うデッキ。
上記の2枚にさらに<暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”>まで使って相手の盤面をズタボロ又はガード不可の一撃をお見舞いできるように強化されてますね。
さらに撃退者の<ブラスターダーク>二種類による退却も強いですね。
ぶっちゃけ<かげろう>や<なるかみ>クラスに焼きを行える軸の可能性もあるので焼きクランを使ってた方はすぐ使いこなせるかも?

・LB軸
撃退者 ドラグルーラー・ファントム
誘いの撃退者 フィネガス

・個人的に超絶注目してる軸
<詭計の撃退者 マナ>で<誘いの撃退者 フィネガス>をコール、LB解除して<撃退者 ドラグルーラー・ファントム>で一気に決める型
決めきれなくても超越で押し込んでいけるのでリスキーな構築でも多少ごまかせるのでこうゆうデッキがでてきてもいいと思います。

今期のシャドウパラディンは正直最強といっても現状問題ないレベルに仕上がってると思います。
古いカードともシナジー性がありなにやっても強いと思えるレベルですね。
退却スキルのおかげでかげろう、LJなども苦ではないですね。
大会でて上位を目指したい、ヴァンガード強くなりたい!って方はぜひ一度シャドウパラディンを使ってみるといいと思います。レジェンドデッキも再販決定しましたしね。

ヴァンガードG ブースターパック第3弾 覇道竜星 予約販売価格1BOX 3,791円 (税込)
竜星ブースター反則用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。