※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】公式サイトで公開されているデッキを自分なりにカスタマイズ

グランギャロップSP


時空超越からヴァンガード公式ホームページにて、その弾のカードを使ったデッキレシピを紹介しています。

もちろんそのまま使ってもいいのですが個人的な改良、カード枚数の増減など参考になればと思い書いていきます。
デッキのカスタマイズは個人の好みのもので答えがあるものではないので、これ面白いかものきっかけになればと思います。

今回は宇宙勇機デッキを考えていきます。

デッキレシピはこちら
http://cf-vanguard.com/cardlist/deckrecipe/geb_01_deckrecipe1

デッキ内容はジャスティスコバルト(☆トリガー)4枚以外は宇宙の咆哮のカードで構築されたデッキになってます。
デッキコンセプトはグランギャロップにライドして、その他のRガードでVを含めパワーを上げていくというものになっています。ね

メインユニットのグランギャロップは4枚は確定。もう4枚はいってるバズーカはRでも機用できるとはいえ、4枚はやり過ぎかなと思いますし、ディメンジョンポリスは優秀なG3がいるので他の選択肢を挙げていきます。

超次元ロボ ダイカイザー
ディメンジョンポリスのBRユニット。効果は言わずとも知れたガーディアン退却能力。
グランギャロップのGB2はドライブチェックを増やす効果などで相性も悪くはないですね。 他にもグレードダイアースを使うことも可能になるのも強みかと思います、その際は10000バニラなら+4000で21000ライン作れるのでオススメです。

鋼闘機 シンバスター
ヘヴィデュークがきたら採用圏内かなと思います。

暗黒次元ロボ “Я” ダイユーシャ
LBで発動が遅いのが欠点ですが、パワーダウン効果は強力なのでありかなと。 パワーアップがVだけでなくRも上がるのでスタンド型なんかもありだと思います。
Vの一点突破に目が行きがちなんだけどRもパワーアップしやすくなった点も注目かなと思います。
グランカンフーの登場で12アタッカーが増えたのも追い風ですね。次元ロボなのでグレードダイアースも使えるのもグッド。

G2たちは語ることがないくらいこの3体で11枚でいいと思います。

G1帯はとりあえずコマンダー・ローレルは無理矢理でも入れたいですね。
グランザイルとグランガードは4枚必須だと思いますので考慮内容は残りの2種類の枚数調整かと思います。
グランワゴンはCBの消費があるので他のでもCB使いやすくしたいならこっちを減らすしかないかなーと思います。

トリガー配分は☆12の殺意型になってますが、引を4~6枚位欲しいですね。
盤面がそろうと自ターンごとに必殺の一撃を用意できますし、☆増加も多いのでそこまで☆に拘る理由はこのデッキでは少ないと感じます。 それならキーパーツを集めれるドロー多めも安定感があっていいと思います。

FVがシズク互換と悩む位かと思いますので本当に好みかなと思いますね。

ということで改良したデッキレシピです。

G3
大宇宙勇機 グランギャロップ×4
大宇宙勇機 グランバズーカ
超次元ロボ ダイカイザー×4
G2
宇宙勇機 グランファイヤー×4
宇宙勇機 グランサブ×4
次元ロボ ダイファイター×3
G1
宇宙勇機 グランザイル×4
宇宙勇機 グランワゴン
宇宙勇機 グランチョッパー×3
コマンダーローレル
宇宙勇機 グランガード×4
FV
宇宙勇機 グランシード
トリガー
☆宇宙勇機 グランビート×4
☆次元ロボ ダイウルフ×4
引マスクドポリス グーンジョー×4
治宇宙勇機 グランレスキュー×4

参考になれば幸いです。

予約開始!ヴァンガードG ブースターパック第3弾 覇道竜星 予約販売価格1BOX 3,791円 (税込)
竜星ブースター反則用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。