※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】今日のカードは新田恵海さんが歌うED特典「メイデン・オブ・フラワースクリーン」!

ネクスト


メイデン・オブ・フラワースクリーン ヴァンガードwiki
ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ネオネクタール - バイオロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを1枚選び、山札の上に置く] 他のあなたのユニットを1枚選び、そのターン中、このユニットをそのユニットの同名カードとしても扱う。あなたの山札をシャッフルする。


【ヴァンガード開発部からの一言!!】

今日のカードは、2月18日(水)に発売になる、アニメの新エンディングテーマ『NEXT PHASE』封入特典カード!
安城トコハ役の新田恵海さんが歌うエンディングテーマ特典ということで、《ネオネクタール》のユニットだ!
「メイデン・オブ・フラワースクリーン」は、GB1を達成することで、他のユニットと同じ名前を持つことができるトリッキーな能力を持つ。
直接パワーが上がったりすることはないが、同じ名前のユニットをパワーアップする能力の恩恵を受けたりすることができるぞ。
「ラナンキュラスの花乙女 アーシャ」のGB2能力との相性がバツグンなので、トコハのデッキを組むときには、ぜひ1枚入れてみて欲しい!
また、コストによって「仮初めの騎士 メアドリーム」や「仮初めの騎士 メアホープ」を山札に戻すことができるので、能力のサポートも可能だ。
元気な応援ソング『NEXT PHASE』! 詳しくはこちらでご紹介。要チェックだ!

http://cf-vanguard.com/todays-card/



ノーマルユニットのみ山札に戻すことが可能なので、当然ながらこのカードの効果を使うとトリガー率は下がります。ネオネクにはありがちな話ではあるのですが。

現時点で同名カードを名乗って美味しいのはアルボロスドラゴンやスッパ・スッパー。それにラナンキュラスの花乙女 アーシャのGBによるパワーアップ等々、パワーアップ用途くらいしか使い道がなく、しかもネオネクタールはこのカードを使わずとも同名カードを呼ぶ方法は他にもあるのでトリガー率を下げてまでこのカードを積極的に使う場面はかげろうやなるかみなどネオネクのユニットを退却させまくるクラン相手になるのでしょうか。

いずれにしても現時点までの判明カードだと、このカードは採用されても保険として1枚くらいしか採用されないはず。同名カードを並べることが条件の超凶悪なユニットが来る可能性もあるので、現時点では何とも評価しづらいカードだと思います。

あと地味にこのカードの混色デッキでインドラやDuoが強化されました。混色デッキバトルではある意味革命のようなカードになりそうです。

カードファイト!! ヴァンガードG トライアルデッキ 純真の花乙女[VG-G-TD03]……予約販売価格879円 (税込)
花乙女


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。