※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】ファイターズルールが更新!カラミティタワーとコマンダーローレルが規制、オバロX&シングセイバー規制なし!

カラミティタワー


◆2015年2月14日(土)より実施

▼ファイターズルール更新理由
公式大会におけるカード使用率及び大会結果を受け、新しいファイト環境を提供する為。

▼ファイターズルール新カード追加理由
指定カード(2枚までしかデッキに入れることができません)
・「カラミティタワー・ワイバーン」
ファイターズクライマックス2014地区大会および全国決勝大会において使用されたデッキにおいて採用率が高く、このカードを起点として【双闘】能力を繰り返し使用する動きが問題視されたため、指定カード入りとなりました。

○以下のカードは、指定カード入りを検討いたしましたが、今回の指定カード入りはいたしません。
「ドラゴニック・オーバーロード “The X”」「探索者 シングセイバー・ドラゴン」
ファイターズクライマックス2014地区大会、全国決勝大会で使用されたデッキにおいて採用率が高いカードですが、現時点で構築可能なデッキタイプや、今後使用されることが予想されるデッキタイプを元に検討した結果、今回の指定カード入りはいたしません。
しかし、大ヴァンガ祭など今後の大会における使用率などによって、環境を固定化する大きな要因であると判断された場合は、指定カード入りする可能性があります。


・以下のカードは、2枚までしかデッキに入れることができません。
<かげろう>
カラミティタワー・ワイバーン
≪2015年2月14日(土)より追加≫
<ノヴァグラップラー>
ネコ執事
≪2014年8月18日(月)より継続≫

○以下のカードは、指定カード入りを検討いたしましたが、今回の指定カード入りはいたしません。
<かげろう>
ドラゴニック・オーバーロード “The X”
<ロイヤルパラディン>
探索者 シングセイバー・ドラゴン


◆2015年3月2日(月)より実施

▼ファイターズルール更新理由
ゲームバランスを健全に保ち、より楽しいファイト環境を提供する為。

▼ファイターズルール新カード追加理由
「コマンダーローレル」
3月13日(金)発売の『宇宙の咆哮』以降に収録されるカードとの組み合わせによって、環境を固定化する可能性がある為、指定カード入りとなります。
「コマンダーローレル」の能力は、超越やGユニットのシステム自体との親和性が非常に高いものです。
このカードを複数使用できることを前提にしてGユニットの能力を調整する際、ゲームバランスを健全に保とうとした場合に、カードの魅力やゲームの楽しさを阻害する恐れがありました。
その為、ゲームバランスとゲームの魅力を保つ目的で、このカードの使用枚数を制限することになりました。

【カードの使用に関する追加ルール】
・以下のカードは、1枚までしかデッキに入れることができません。


「コマンダーローレル」 ≪2015年3月2日(月)より実施≫
※同名カードは全て対象となります(SPカード・PRカード・再録カード 他)

http://cf-vanguard.com/howto/fighters_rule/


さすがにオバロXを規制するのは早過ぎると思うし、オバロXに規制はないかなーと思っていましたがカラミティタワーに規制かけてくるのはかなり予想外でした。確かにカラミティのおかげでかげろうはドロー力にも優れる上にレギオンし放題で、おまけに結構な時間がかかるのでこの規制はかなり良い感じなのではないかと思います。
今後はれもねーど互換などでドロップゾーンを増やしてくる可能性がなくもないですが、ドローされないだけまだマシかもしれません。展開力が落ちると思うので、なるかみとかで焼きまくればまだ可能性はあるか?

ただ、グランブルーやなるかみなど割りとどのクランにもある互換カードが、かげろうにだけ規制がかかっているというのは違和感がありますね。過ぎたことをどうこう言っても仕方ありませんが、カラミティタワーはもともと強かったかげろうを更に強くさせてしまった戦犯でもあるので最初から出さないほうが良かったのではないかと思ってしまいます。

まぁおさいふ的にはダメージが無いし、カラミティタワー規制に反対する人はあんまり居ないのではないでしょうか。

それよりもヤバいのはコマンダーローレルの1枚制限。
ディメンジョンポリスEBに伴い再録のアナウンスが来ない、どういうことやねんって思っていたらまさか発売前に規制のアナウンスが流れるとは思いませんでした。今後の環境を危惧して規制のパターンはヴァンガードでは初ですね。

もともとコマンダーローレル+汎用Gユニットの組み合わせはかなり凶悪だったので、更にディメンジョンポリス専用のGユニットが来たらさすがにヤバい感じだったので、規制は予想出来た人はもしかしたら居たかも知れませんが私は読めませんでした。
それにしても、ディメンジョンポリスEBのGユニットたちはこのEB発売前ローレル規制から見るにかなり危険な雰囲気出してますが……
ローレルは1枚までならデッキに入れることが出来るので、いわゆる「コマンダーローレルを引いたら勝ち」ゲーにならないことを祈ります。

1/20 7:59まで1300円以上購入で送料代引手数料無料!
【ボックス】カードファイト!!ヴァンガードG エクストラブースター 第1弾 宇宙の咆哮[VG-G-EB01] 予約販売価格1,895円 (税込)
宇宙の咆哮bst


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。