※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガードの世界大会とデッキ分布と感想

ヴァンガード世界大会デッキ分布は
かげろう6(内オバロX5、煉獄1) ロイパラ2(内シングセイバー2)

決勝がオバロX VS 煉獄

ということでかげろうかロイパラしか居ませんね。そろそろかげろうは何かしら規制がかかりそうです。
これらのデッキに共通して使われるのはオバロザグレート。オバグレはそろそろ怪しい気はしますが、オバロザグレートを2枚しかデッキに入れることが出来ないようにしてもオバロXには影響はほとんど無いので微妙か。

今思いついたのでよさ気なのはオバグレとジエンドを合わせてデッキに2枚しか入れることが出来ないという規制。これなら煉獄とオバロX両方ともパワーダウンすることが出来ます。

あとシングセイバーもそろそろ怪しいですね。環境に居座り続けていますし。このままだとアルトマイルが全然目立たず、全環境のレギオンを引っ張り続けて超越環境じゃなくなりますし。

そもそも世界大会の後規制来るのかどうか怪しいですが、もし規制が来るなら何が規制されるかかなり気になりますね。今後のヴァンガードに大きな影響が出ると思いますし。


[値下げ]カードファイト!! ヴァンガードG トライアルデッキ 純真の花乙女[VG-G-TD03]……予約販売価格879円 (税込)
花乙女


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。