※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガードに限った話ではないけども、賭け事を強要する悪質プレイヤーにご注意をという話




よく行くショップさんのアカウントが気になることをつぶやいていたので、個人的見解もすえつつツイートを見ていく所存。









やっぱりカードゲームって、ソーシャルゲームなどと違い現物があることそのものがアドバンテージであり、また弱点になっていると思うんですよね。故にこういうトラブルが出てくるわけですよ。
カードっていうのは何も知らないオトナが見たらただの紙切れにしか見えませんが、その実1万円はくだらないものなんかもたくさんあります。(特にデュエルマスターズのカードは高レートのものが多いですね)

初代遊戯王では当たり前のように賭け事がされていて超高額カードのレッドアイズを城之内が嬉しそうにぶんどっていたというシーンがあった気がしますが、あのマンガ今やると相当波紋を呼びそうな気がしてなりませぬ。あんなの実際やっちゃだめですよーって話でありますよ。

で、こういうプレイヤーというのを言い方は悪いけど潰していかないとカードゲームは親に反対される遊びになってしまうと思うんですよね。圧倒的に個人間のトラブルが多いし。

衝撃的なことといえば和歌山市でこんな狡いやり方をしているプレイヤーが居るのかということ。少なくとも和歌山市でTCGをしていて一度も私は話に聞いたことがないので、こんなことあったのかと大変驚きました。
基本的に和歌山市でヴァンガード、ゼクスをプレイしている人はみんな良い人だし、TCGプレイヤーになぜかよくある、かつてのカラーギャングのような対立も特に見受けられなく平和です。なので余計ビビりました。ああ、そんなプレイヤーが居たのかと。

今回のような賭け事の問題などがきちんと解決していないと、親は安心して子どもにカードゲームなんてやらせることはできないでしょう。少なくとも私はちょっと子どもが生まれたとしても、カードゲームはやらせる気はあまりおきません。
盗難などのトラブルも多いし、そのへんをきっちり管理出来るようになってからカードゲームなりなんなりを始めたらどうだろう?という考えなので。
わたしの中ではカードゲームはオトナの遊びなんですよね。最低でも中学3年くらいからやるものだと考えているわけです。

今回のような賭け事強要などについては個人を特定すれば解決できそうですが、根本の問題として悪質プレイヤーを撲滅させることはなかなかむずかしそうです。どうしても人が多いとそういうプレイヤーは何人かは出てしまいますし。まぁ、何を以って悪と定義するかは結構難しいところがあるのでなんともですが。

とりあえず私が定義する悪質プレイヤーは
・カードを盗難する
・賭け事を強要する
・悪質なトレードをする(いわゆる鮫トレ)
の3点に該当するプレイヤーですね。

盗難に関しては、もうしっかり自分の荷物を守るしかないでしょう。荷物は絶対に目から離さないようにする。特に高額カードを扱っている場合は。

もし和歌山市で悪質なプレイヤーを発見した場合は、マナソースのヴァンガードの大会には出ているのでそちらで報告していただければ仲の良いショップさんにかけあってみますので、もし悪質プレイヤーを発見したという方がいらっしゃいましたらお声をかけていただければと思います。

マナソースの11時から始まるヴァンガードの大会でリヴィエールを使っている、バイクウェアを普段から担いでる人間が居たらほぼ私です。お気軽にお声をかけてください。




……ここからは超個人的な話。
子どもの話が出てきたのでついでといいますか、余談ですが永遠の19歳を名乗っているわたしも、とうとう実年齢は四捨五入すると30になってしまっています。ちなみに独身です。周りもそろそろ結婚を考えてる仲わたしの恋愛は一向に進みません。焦る。
ま、結婚なんてしなくても今の時代なんとでもなりますよ、多分。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。