※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなユニット開発部の一言なら見たいのに…… なヴァンガードの愚痴

ヴァンガードの今日のカードはミラクルポップエヴァだったそうです。言わずと知れたペイルムーンのブレイクライドにして、非名称のG3という悲しみを背負ったユニットでもございます。

で、ユニット開発部(らしい)人のコメントがこれ。
※以下は2014/8/11昼以降にヴァンガード公式サイトで掲載された開発部からの一言より。

【ヴァンガード開発部からの一言!!】

皆さん! 夏休みヴァンガってますか!? 今日の開発部からの一言は、少し趣向を変えて、夏のカード自由研究をお送りします!!
「夏のレギオン祭」で登場した「クラッキング・ビーストテイマー」「バーキング・スカイタイガー」のレギオンと、「ミラクルポップ・エヴァ」のブレイクライドを組み合わせた時、いったいどこまでヴァンガードのパワーが上がるのかを検証してみようと思います!

今回使用するユニットは、以下のとおり!
・「ミラクルポップ・エヴァ」1枚
・「クラッキング・ビーストテイマー」1枚
・「バーキング・スカイタイガー」1枚
・「パープル・トラピージスト」3枚
・そのほかのユニット少々
それでは、さっそく行ってみましょう!!

1.まず、「ミラクルポップ・エヴァ」のブレイクライド&「クラッキング・ビーストテイマー」のレギオンで、アタック時のパワーは30000が確定! この時点でかなりのパワーですが、まだまだ上を目指します!

2.次に「クラッキング・ビーストテイマー」のレギオンスキルで、ソウルから3体のユニットを展開! ソウルから1体登場するごとにパワーが+3000されるので、パワーは39000になります! ここでソウルからコールするユニットには「パープル・トラピージスト」3体を選択!「トラピージスト」の能力を使ってユニットを入れ替えることで、パワーはさらにアップ! パワーは48000になりました!!

3.続いて、アタック時に「エヴァ」のブレイクライドスキルで「トラピージスト」をソウルから再コール! 一気にパワー54000になって……!

4.最後に再コールした「トラピージスト」で前列のユニットとソウルを入れ替えれば、ヴァンガードのパワーが60000になってレギオンアタック! しかも、左右のリアガードがスタンド状態なので、トリガーチェックを行ってから追加の2回アタックもできます!

いかがでしたか? 今回使用したユニット以外にも、《ペイルムーン》には、ほかにも様々なソウル入れ替えやパワーアップのギミックがあるので、更なるパワーアップを目指して、皆さんも研究してみてくださいね!

本日検証した「クラッキング・ビーストテイマー」の入ったレギオンパックは、好評開催中の「夏のレギオン祭」でゲットできます! このチャンスに、新たなクランへチャレンジしてみてはいかがでしょう?

注※ ちなみに今回の研究に使用したカードは、この後、スタッフがデッキを組んで楽しくファイトしました。



いかがでしたか?という感想を求められたので率直な感想を。

ペイルムーンでこれだけパワーを出せるよって話なのですが、実際色々やって結局パワーを上げているだけっていうヴァンガードの弱み(というかゲーム性の深み)を自らさらけ出すような、そんな感じに見えなくもないです。ゲームの深みを紹介しようとして、結果的に浅いところを見せてしまったというところでしょうか。皮肉なものであります。わたしの見方が斜めに構えているからかもしれませんが。ネタ切れしている感じがしんどそう。

まぁーユニット設定がなくなったことだし、今日のカードで既存のカードが紹介されたときに公式サイトを見る意味はほとんどありませんよね。前から思っていましたしここでも書いた気がしますけど。例えば私がこうやってブログを書く前は、ヴァンガードのブログが全然なく(あのファイナルターンですら存在しなかったころの話)、解説ブログやデッキ考察ブログなどもほとんどなかったので、こういったユニット開発部のコメントって需要が合ったと思うんですよ。

でも、今はヴァンガードあんてなというとても便利なサイトもあるし、ファイナルターンのコメント欄もあるしでいくらでもカードの評価を知れるようになったし、もっと情報を知りたい人はTwitterやら2chのスレにでも行けばいいでしょう。いくらでも情報を仕入れることが出来るので、別にユニット開発部の人が提供する、「ほっといたら誰かが解説してくれてそうな」情報はそんなに需要がなさそうなんですよね。

じゃあ、自分はユニット開発部にどんな情報を求めるかというと「どのような意図でこのカードをデザインしたか」これ。これはユニット開発部にしか出来ません。私達は手元にあるカードやwikiを並べて推測するしかできません。

「なんでこのカードを作ったか」が知りたいんですよ。例えばCB1を払うことでパワーが+4000されるG2パワー8000のユニットを、どのような意図で開発したのか。なぜ、スターターにG0パワー6000のFVとなるユニットを収録し続けるのか。また、G0パワー6000のFVは他のFVに比べてどのような強みがあるのか……
などなど。カードデザインの意図がよくわからないものが多いんですよね。ヴァンガードって。そのへんを解説してもらうなら、少なくとも私は開発部の一言に注目するようになりますね。

【ボックス】ウィクロスTCG 第4弾 インフェクテッド セレクター [WX-04]……4990円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。