※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヴァンガード】ドラゴニック・オーバーロード“The Яe-birth” (オーバーロードザリバース)感想と前回のデッキレシピ改善案あと新オバロの致命的な欠点【VG】

ブレイクライドオバロ

引き続き新オーバーロードについて色々書いていきます。


何回もオーバーロードリバースの効果を使っていれば完全ガードを減らすことはできますが、今度はデッキ切れとの兼ね合いという新たな問題も出てきます。
それもそのはず、ブレイクライドを通じて行うドライブチェックは3回。なんだかんだでその後もオバロリバースを使うごとにドライブチェックをもう一回行うため、デッキの寿命が恐ろしいほど縮んでいきます。コキュートスリバースに近い何かを感じました。

この問題の対策として思い浮かぶのは
・ブレイクライドを通した時以外効果を使用しない
でもそれはそれで、相手が完全ガードを全然持っていない場合は恐ろしい勢いで手札を吹っ飛ばすことが出来るし勝ち筋を一つ減らしている気がします。完全ガードorQWは4枚しかデッキにないわけだし、そうそう相手はガードできないはずだし。

・ドロートリガーを減らす
まずこれが思い浮かんだ。いつものかげろうみたいにドロートリガーが強いしやや多めにしておこう!とドロトリ多めにして、それをゴジョーで切って…… というデッキの使い方をしていると確実に寿命が縮みます。


オーバーロードは物凄い勢いで殴りにいくため、できるだけさっさと相手を4点に、つまりクリティカル圏内に持ち込むほうが強いんじゃないかと考えました。そこで思いついたことその1は

・思い切ってゴジョーを抜く。
レストして手札を交換するこのゴジョーを抜く。序盤のブースト回数が減ることになるし、デッキの寿命を縮めることにもなります。
たとえG3を引きすぎたとしても、ブレイクライドのオーバーロードのスキルもザリバースの方のスキルも、どちらも手札を捨ててツインドライブを行うというもの。つまり要らないカードは後々ゴジョー効果を使わなくても処分することができます。
ただ、ブレイクライドのオーバーロードを持ってくる確率を上げたいこのデッキでのゴジョー切りはなかなか難しいところがあります。一応、ゴジョーでもオーバーロードを捨てることが出来るのでこのへんの取捨選択は難しいところ。

魔竜導師 キンナラの採用。
マリュウドウシ キンナラ
ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
かげろう - ドラゴンマン パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] あなたの《かげろう》のヴァンガードがいるなら、相手のグレード1のリアガードを1枚まで選び、退却させる。


ソウルに入れて退却。ソウルの枚数が重要となる新オーバーロード軸にとってこのカードは非常に重要なんじゃないかと考えました。こちらはバーニングホーンとで18000ラインが作れますが、9000のリアガードと組み合わせると15000しか出ないのが少し気がかり。
しかし、後々ソウルに入れることが出来るのでキンナラは割りと序盤に置きやすいカードなんじゃないかと思います。
どうせリアガードを呪縛してオーバーロードで殴るので、リアガードのパワーラインを気にする必要はないんじゃないかと思ったので、キンナラを採用する方向でいきました。

キンナラを採用するのであれば、バーサークドラゴンを切ってベリコウスティを採用、カラミティタワーを多めに積んでゴジョーを切ってみる策でいきましょう。というコンセプトの元少しデッキレシピを改良(になっているのかは自分でもよくわからない)

ガトリングクローに関しては悩みどころですね。FVがシズク互換が多いので相手の場にG0がいないことも多いし、何よりアートピケはクロスブレイクライドの次のターンのオーバーロードザリバースのパワーを単体16000まで上げることが出来る(クロスライドで+2000とアートピケの効果で+3000)ので、11000V相手のプレッシャーが更に増します。
ソウルに入れやすいこともあるのでここはドロートリガーをアートピケのみ採用ということでやっていきましょう。

G3
4 x ドラゴニック・オーバーロード
4 x ドラゴニック・オーバーロード “The Яe‐birth”
G2
4 x ベリコウスティドラゴン
3 x バーニングホーン・ドラゴン
4 x ドラゴニック・バーンアウト
G1
4 x ワイバーンガード バリィ
3 x 魔竜導師 キンナラ
3 x カラミティタワー・ワイバーン
4 x エターナルブリンガー・グリフォン
G0
4 x ドラゴンモンク ゲンジョウ
4 x 封竜 アートピケ
4 x 槍の化身 ター
4 x ブルーレイ・ドラコキッド
1 x レッドパルス・ドラコキッド

もしかして、バーニングホーンってオバロ名称じゃないとパワーがあがらないし(=序盤はパワーが上がらない)オバロ乗った後ザリバースがリミットブレイクしたら呪縛されるので4じゃなくてもいいんじゃないかと思ってます。


で、このオバロリバースなのですが、上記のこと以外にも致命的な欠点がひとつ。
グレンディオスにオメガロックされていた場合、オバロリバースの効果を使ってしまうと次のターン特殊勝利される

裁定にもよりますが、オメガロックが相手のVの効果のコストによる呪縛も解呪できないようにするという裁定なのであればヘタすればマジで特殊勝利を狙われる可能性があります。
実際まだ新グレンディオスは試したことないのですが、どうなんでしょこれ。

カードファイト!!ヴァンガード EB 第10弾 歌姫の二重奏[VG-EB10] ……1849円
カードファイト!!ヴァンガード 第15弾 無限転生……3697円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。