※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の抹消者デッキレシピに関するあれこれ(ズイタンの採用、他G1の採用など)【ヴァンガード】

ズイタン

http://kokojiku.blog.fc2.com/blog-entry-1699.html

前回の記事(リンク)のレシピにて「ズイタンの枚数が多くないか?」というご指摘をヴァンガード仲間からいただきました。
まさしくその通りでありまして、ズイタンの採用枚数を自分がショップ大会で優勝してデッキレシピシートに記入しているときに採用枚数に気づいたわけですね。それについてちらっと。




ズイタンの利点は当てればソウルチャージできること、さらにコストを回復することで焼き回数を増やすことができることなど。欠点は9000であり、ズイタンだけでは焼けない。ガントレッドバスターなどの他のカードも必要。

ソウルを貯めることができるというのが利点ですが、もちろんブレイクライドをすることやチョウオウを使うことによってソウルも貯めることができると、ズイタンだけにしか出来ないってことはそこまでないような気がします。

便利ですが、もちろん後半に強いカードっていうわけでもなく、このカードが強いのは序盤~中盤。
・序盤はリンチュウやらスパークキッドやらのコスト回復&ソウルチャージでライジングフェニックスを2枚使えるようにできる。もしくは
・中盤はガード強要やガントレッドバスターやドラゴニック・デスサイズの焼き回数を稼げるようになる、というもの。
で、新弾でオウエイが登場したため、

必殺の抹消者 オウエイ
ヒッサツノイレイザー オウエイ
ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
なるかみ - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] あなたのグレード3の《なるかみ》が(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させる。


焼くカードが増えたのでCBが無くとも(CBを回復させなくても)焼く手段が増えたのですよね。イグニッションドラゴンもあるし。

そこで、13000ラインの対策とディセンダントを使いやすくする序盤にダメージを通しやすくできるスパークレインを重要視したほうがいいんじゃないかと思いました。チョウオウを1枚減らし、ズイタンの数を減らした上でのスパークレイン採用。ただ、後列焼くことのできるデスサイズは3枚ほどあったほうがいい気がします。リンチュウないし。

今重要視しているカードはオウエイとスパークレインのほかにはシュキなど。

鉄血の抹消者 シュキ
テッケツノイレイザー シュキ
ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
なるかみ - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:あなたのカードの効果で、相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、あなたのカード名に「抹消者」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+3000。


擬似的にデモリッションのような使い方ができる、以前よりさらに焼けるようになったので格段にパワーを上げやすい、13000が増えてきたなどなどが採用の理由です。

こうなると手札交換要員のカストルが抜けるようになって、ライド事故軽減の要素がなくなるのでリンチュウ→スパークキッドに最近変更しました。っていう最近の自分の抹消者に関するあれこれでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。