※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガードの「呪縛ブレイクパック」と収録カードの名称、パワー査定

cp01.jpg
cp02.jpg

これに関する話です。


効果は明らかになっておりませんが、収録カードのイラストは公開されたようですね。
http://tocage.jp/pages/1384427031.html

パック1
パック2
パック3

・G3 パワー11000 光の聖域 ブライトネス・ドラゴン(ロイヤルパラディン)
・G2 パワー8000 □□の騎士 ベルナルド(ゴールドパラディン?)
・G3 パワー11000 グラビティボルト・ドラゴン(なるかみ)
・G3 パワー11000 封竜 ジョーゼット(かげろう)
・G3 パワー11000 □の女神 ユースティティア(ジェネシス)
・G1 パワー6000 忍獣 メタモルフォックス(むらくも)
※□は私が読めなかった字です

「BとBで被ってしまった……」状態ですが、多分誤植だと思います。
呪縛ブレイクパックなんて銘打ってるものですから、おそらくこの6枚は呪縛解除もとい呪縛に対する何らかの対策を講じたカードであると見てよいでしょう。

G3のパワー査定が11000なのに対して、G2のパワー査定とG1のパワー査定が低いのが少し気になるところですね。
内1枚は既存の名称「封竜」を持っております。封竜はブロケードインフェルノのサブVが「封竜ブロケード」「ドーントレス・ドライブ・ドラゴン」なので、封竜の効果次第ではデッキに入ってくると思います。
デッキの封竜カードを多めに積み、ダメージの封竜率を上げたい場合は、ドーントレスより素ブロケードが優先して採用されますが、素ブロケードのカードパワーがイマイチなのもあります。
ドーントレスをサブにした封竜はインフェルノの効果があまり使えず終わることもあるので、ドーントレスを採用する場合でも新規のこの封竜2 ドーントレス2 インフェルノ4とかで対応できるんじゃないかと思います。

G2のパワー査定が8000とものすごく低いのが気になるのですが、グレードによって呪縛に対する対抗度が違ったりするのでしょうかね。

ブースターパック 第14弾 光輝迅雷[VG-BT14]……3697円
ブースターパック 第14弾 光輝迅雷[VG-BT14][1カートン]……58,968円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。