※このブログはカードファイト!!ヴァンガードのコラムをメインに、ヴァンガード最新情報やヴァンガード相場情報などをマルカジリしてお伝えしております。当ブログにて取り上げるヴァンガード最新情報の中にはたまに記事タイトルに間違いがある場合がございますので、記事内容に明記してあるソースを元に各自で情報を確かめ、取捨選択していただけると幸いです。また、基本的に当ブログで取り上げるヴァンガード最新情報はカードの話題となり、アニメの話題はあまり取り上げません。ご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ軸かげろうデッキを試した感想、あとデッキレシピ

ヌーベルバーグ

ドラゴニック・ヌーベルバーグを試してみました。


まずサブVの選択。とりあえずドーントレスがジエンドの二択だと思います。

・ドーントレス
長所
スパイクみたいに轢き殺せる感覚で使える、なんだかんだでヌーベルの効果を使って2回連続で殴ることが出来れば強い
なんだかんだでブレイクライドの中ではトップクラスの性能
欠点
トリガーが乗らなかった場合Vにクリティカルがつくわけでもなく、ダメージレースが厳しい
手札消費が激しい
リミットブレイク状態でヌーベルに乗らないとなんかもったいない感がある

・ジエンド
長所
リミットブレイクじゃなくても効果が発動可能
ペルソナブラストがヌーベルロマンドラゴンの効果で打ちやすくなった
最速13000のヌーベルライドが出来、手札に余ったヌーベルはペルソナブラストとして使える
欠点
バニホが使いづらい
ジエンドのためにCBを余らせておく必要がある(=序盤からコンローを使う場合はヌーベルクリティックは使いづらい?)


とりあえず両者使ってみた感想としてはドーントレスはなんだかんだでダメージレースで負けるとなかなか返すのが厳しい。その点ジエンドは序盤から使える上、ドーントレスよりも目立った欠点がないことや、手札のヌーベルをジエンドに出来ることでジエンドが大幅に強化されたことなど色々考慮してジエンドをサブに。

とりあえずジエンド→ヌーベルが決まれば割りとフッツーに何のプレイングも必要なくリンクジョーカーを狩ることが出来、かなり凶悪。なんだかんだでカオスブレイカーは13000が苦手。
ジエンドがリンクジョーカー相手に3点止め出来るのも強いですね。

ロマン効果に見えるペルソナブラストも割りと最速ヌーベルが決まって何もCBを使っていなかったらフツーに発動出来る上、凶悪でした。ただ、撃退者にはなんだかんだでそっからリカバリーされて負けたんですけどね。
撃退者も13000は苦手なので、焼きには強いけど結構撃退者側も厳しいらしいです(相手にした人の感想)


というわけでデッキレシピ。

G4 4枚
ドラゴニック・ヌーベルバーグ×4
G3 4枚
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド×4
G2 11枚
パワー10000バニラ(封竜でもガープでもネハーレンでもなんでもどうぞ)×4
ベリコウスティドラゴン×4
このG2の残り3枠ですが、ヌーベルクリティックドラゴンにしました。仕様感は後述。
G1 14枚
ドラゴンナイトアシュガル(ヌーベル10000ブースター)×3
ヌーベルロマン・ドラゴン×4
ドラゴンモンク・ゴジョー×3
完全ガード×4

トリガー
クリティカルトリガー6枚
ドロートリガーはガトリングクロー4枚と封竜ドロトリのピエラの6枚
ヒールトリガー4枚

FV コンロー

ガトリングクローは地味にダストテイルを焼けるので優秀。ベリコウスティは序盤のコスト確保のために使わない理由は特にないでしょう。
ヌーベルクリティックは案の定ヌーベルクリティックを出す場面でヌーベルバーグを握っている必要があるし、結構使いづらいです。後半のダメ押しを狙うならバーサークドラゴンでいい気がしなくもないけどもどうなんでしょうね。

とりあえずプレイングをかなり考えないとリンクジョーカーに勝てない抹消者と違って、ヌーベルバーグは割りとフツーにリンクジョーカーに勝てそうな感じがします。かなり強いですね、これ。

あまりにもすんなり勝てるのでちょっとショックなのはここだけの話です。それでもリンクジョーカーはたいていのデッキに強いし使わない理由のない強力なデッキなんですけどね。

エクストラブースター 第9弾 創世の竜神[VG-EB09]……1849円
ブシロードスリーブコレクション ミニ Vol.107『超越龍 ドラゴニック・ヌーベルバーグ』……390円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。